ポイントサービス・CRMでお悩みの企業担当者様へ

ポイントカードのメリット・デメリットとは?専門家が徹底解説! ~ポイントサービス・ポイントシステム~

The following two tabs change content below.

エムズコミュニケイト岡田 祐子

代表取締役社長/ポイントマーケティングラボ所長/日本リテンション・マーケティング協会理事株式会社エムズコミュニケイト
■ 2003年に国内唯一のポイントサービスコンサルティング会社エムズコミュニケイトを設立、ポイントサービスやCRM・顧客戦略分野のコンサルティングや各種講演、執筆活動を行っている。 ■ 「ガイアの夜明け」にも出演。番組は反響を呼び、日経文庫にも掲載された。 生活者に支持されるポイントサービスを「ポイントブランド力」とし、そのランキングを定点的に発表。 ■ 著書:「成功するポイントサービス」(日経MJの推薦書/丸善ビジネス書10位内ランクイン) ■ 2016年から総務省マイナンバーカード利活用に係る「マイキープラットフォームによる地域活性化方策検討会」におけるポイントサービス有識者として地域経済応援ポイントに関する推進役を担っている。

こんにちは。CRM/ポイントサービスコンサルティングのエムズコミュニケイト(2018年4月に大日本印刷グループよりMBO致しました)が運営するポイントマーケティングラボ編集部です。

こちらのサイト、ポイントマーケティングラボでは、企業・事業会社のマーケティング・販売促進の担当者・事業責任者の方々に向けて、ポイント制度の導入やCRMのノウハウについて、プロの視点から惜しみなく情報を発信して参ります。

是非ご参考にしていただければ幸いです。

ポイントサービスは今や各業界において当たり前の顧客管理、CRMに欠かせない手段となっており、導入を検討する企業も増えています。

そこでポイントカード、ポイントサービスの導入を検討している方に向けて、ポイントサービス専門のコンサルティング会社である弊社が、本記事を通して導入のメリット、デメリットをご紹介していきたいと思います!

ポイントカード導入のメリット

①商品・サービス以外の付加価値の提供

ポイントカードを導入することで、提供する商品・サービスに加え、さらなる付加価値を提供できるようになります。

具体的には、

  • 購入時にポイントを付与
  • 総取得ポイントに応じたランク制度導入し、優良顧客に特別な特典やサービスを提供
  • 溜まったポイントと限定商品を交換可能

などの付加価値をつけることで、他社との差別化・優良顧客の囲い込みが出来るようになります。

②顧客データの取得・管理

店頭購買において、ポイントカードを導入することで、誰が何を購入したかという、顧客IDに紐づいた購買情報や顧客の情報をシステム管理できるようになります。

具体的には、

  • 優良顧客が何人いるか
  • その優良顧客はどんな商品を買ってくれているのか

等のデータが簡単に取得できるようになります。

③顧客データの活用

ポイントカード、ポイントサービスで集まったデータを活用することで、顧客のフェーズに合わせた適切なアプローチができるようになります。

具体的には、

  • 毎週商品を買ってくれている顧客には、DMやLINEなどを活用してクーポン・キャンペーン情報を配信する
  • 特定の単一商品を中心に買っている顧客には、その商品に関するキャンペーン情報のみを提供する

など顧客が自社やブランドをどれくらい好意的に捉えているかに合わせ、アプローチを変えることができるようになるのです。顧客一人ひとりに合わせたマーケティング活動によって、より効率的な顧客との関係構築を目指せます。

④来店・購買促進による客単価向上

ここまで紹介してきた3つのメリットは、最終的に客単価の向上に繋がり、企業の売上を増やす要因となり得ます。

魅力的なポイントカード、ポイントサービスの特典を提供し、それぞれのニーズに合わせた顧客への訴求を行うことで、ポイント導入前よりもより多くの商品・サービスを利用してもらうことができることが期待できます。

ポイントカード導入のデメリット

①店頭販売オペレーションの業務追加

ポイントカードを始め、社内全体に新しいシステムを導入する時には業務量の増加がつきものです。

特に、リアル店舗を運営している企業の場合は、オペレーションにおいて販売スタッフの業務量が増えるというデメリットはあります。

しかし、導入の際は現場の方にスムーズに利用してもらえるようなマニュアル作成や研修での対応が出来れば対応していけるでしょう。

以下の2枚の記事では、ポイントカードの導入を実際にどのように進めていくのか、詳しくご紹介しています。本記事と併せて是非ご覧ください!

【前編】ポイントサービスのシステム導入までのステップ

後編はこちらのリンクから!⇒https://point-marketing.jp/4520

②顧客情報を上手く活用できない

ポイントカード、ポイントサービスを導入したものの、顧客にポイントを機械的に還元するだけで終わってしまっているケースが少なくありません。

これは、競合他社等に影響されて、やみくもにポイントカードを導入してしまった場合に多く見受けられます。

そのため、ポイントカード、ポイントサービスを導入する際にはしっかりと計画を練り、また社内でデータを管理・分析する体制を整えることで、自社にベネフィットが入るように作りこむ必要があります。

③運用コストの増加

ポイントカード、ポイントサービスは、導入する際に費用がかかるのはもちろん、導入後も顧客にポイントを付与し続けるため、運用コストが必要となります。

そのため、導入したもののポイントを還元しすぎてサービス終了を余技なくされるというケースもあります。

顧客がポイントカードを利用してしっかりと購買に結び付くよう、ポイント還元率の調整や、魅力的な特典などの工夫をすることが必要です。

以下の記事では、ポイントカード導入に掛かる費用について、詳しくご紹介しています。本記事と併せて参考にしていただけますと幸いです。ぜひご覧ください!

ポイントシステムの導入費用・運用費用はどれくらい?

 

ポイントサービス導入をご検討の会社様は、弊社エムズコミュニケイトにご相談ください!

国内唯一・取り組み実績(エムズコミュニケイト)

国内で唯一のポイントサービスに特化したマーケティングコンサル会社です。これまでのポイントサービスの導入・改善支援は300社以上あり、通販、小売り、サービス、金融、鉄道・航空、ガス電力など幅広い業界において実績があります。

※ポイントサービス導入改善に関する国内初の指南書を出版

「成功するポイントサービス」(WEVE出版)

サービス設計からシステム導入・運用までワンストップ支援

顧客課題を解決するサービス設計からシステム導入・運用まで、ポイントサービスにまつわる業務全般をワンストップでお受けすることが可能です。ポイントサービス戦略設計、システム構築、個人情報管理、運用支援、プロモーション、カード発行、コールセンター、ポイント交換商品の発送管理など上流~運用までを網羅的にサポート可能です。

③ポイントサービス運用に関する法的・会計面のサポート

ポイントサービスの運用に必要な法的(景品表示法)、会計面(2021年から上場企業に強制適用されるポイント会計)において十全なノウハウを保有しサポートします。

※ポイント会計についてはEY新日本監査法人への執筆協力で『ポイント制度のしくみと会計・税務』(中央経済社)を出版。

④中立性を加味したシステムベンダー紹介

ポイントサービスのコンサルティング支援にあたり、ポイントシステムベンダーについては、中立性を重要視しております。貴社のニーズにあったベンダー紹介および、システムのカスタマイズ提案が可能です。

より詳細なご相談メリット等はこちら>

 

ポイントサービス・CRMでお悩みの企業担当者様へ

ABOUTこの記事をかいた人

■ 2003年に国内唯一のポイントサービスコンサルティング会社エムズコミュニケイトを設立、ポイントサービスやCRM・顧客戦略分野のコンサルティングや各種講演、執筆活動を行っている。 ■ 「ガイアの夜明け」にも出演。番組は反響を呼び、日経文庫にも掲載された。 生活者に支持されるポイントサービスを「ポイントブランド力」とし、そのランキングを定点的に発表。 ■ 著書:「成功するポイントサービス」(日経MJの推薦書/丸善ビジネス書10位内ランクイン) ■ 2016年から総務省マイナンバーカード利活用に係る「マイキープラットフォームによる地域活性化方策検討会」におけるポイントサービス有識者として地域経済応援ポイントに関する推進役を担っている。