ポイントサービスを導入して得る効果とは

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

こんにちは。CRM/ポイントサービスコンサルティングのエムズコミュニケイト(大日本印刷グループ)が運営するポイントマーケティングラボ編集部です。

こちらのサイト、ポイントマーケティングラボでは、企業・事業会社のマーケティング・販売促進の担当者・事業責任者の方々に向けて、ポイント制度の導入やCRMのノウハウについて、プロの視点から惜しみなく情報を発信して参ります。

是非ご参考にしていただければ幸いです。

※企業でお悩みの方、ポイントカードの仕組みやメリット、導入する際の注意点についてです。是非ご参考にしていただければ幸いです。

ポイントカードを導入して得られる効果・メリットとは!?

【マル秘・資料プレゼント!】ポイントサービスの導入を検討している企業のご担当者様必見!長年DNP(大日本印刷)グループで培った経験を元に、弊社秘伝のポイントサービス導入に関する資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

ポイントサービスとは

ポイントサービスは日々の暮らしの中に密着し、知らない方は皆無と言っても言い過ぎではないといえますよね。統計的には、カードの所持率は顧客の95%といわれています。私たちは、ほとんどのお店で買い物をする際、お金より、先にカードを差し出すのが習慣化になっているのではないでしょうか。

さらに、最近ではレジにて簡単にお金のチャージができ、金融機関での手間いらずが広まっています。ポイントサービスを利用する顧客にとっては「お得感」+「便利さ」が当たり前のようになって来ているのではないでしょうか。

ですが、「お得感」+「便利さ」を提供する、お店や企業では、ポイントサービスによる、他店や企業間の「差別化」が薄れ、従来の単なる「ポイントサービス」では、「取り残され」のイメージが付き、「顧客取り囲み」+「捉販向上」に危険信号の可能性があります。

【マル秘・資料プレゼント!】ポイントサービスの導入を検討している企業のご担当者様必見!長年DNP(大日本印刷)グループで培った経験を元に、弊社秘伝のポイントサービス導入に関する資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

ポイントサービス導入で、顧客が得た効果とは

ポイントサービス導入で顧客が得たこれまでの効果をご紹介します。

図表-4 ポイントカードの利用状況を店舗の種類と所有率(%)の表です。(2006年4月のアンケート結果)

家電量販店 73.4 ドラッグストア 65.8 スーパー 61.9 飲食店 54.5 CD・DVD・ビデオショップ 45.4 衣料品店 42.7 理容室・美容室 35.3 ガソリンスタンド 25.6 デパート 25.3 航空会社 20.1 書店 18.3 スポーツジム 2.6 その他 9.9 の順になっています。

現在、さらに、ハウスカードと呼ばれる新手のカードの発行は増加するいえます。結果、顧客の手元のカードは益々嵩張っています。 反面、表ののように思ったようにポイント交換ができていない傾向は現在でも同様と思われます。

スクリーンショット 2016-08-18 12.20.08

図表-4 ポイントカードの利用状況

顧客のポイントカードの対する不満のアンケートをご紹介します。図表-5 はポイントカードに対する不満要因の層別です。この要因を顧客のわがまま的に受け止め、何の手も打たないでいるか。何等かの傾向と対策を考えるかは、ポイントサービスの是非を前にして、お店や企業は大事なポイントではないでしょうか。

例えば、カード携帯の煩わしさを人体認証や国民背番号などに変わることが可能であれば、不満要因の大半は解消するかもしれません。

スクリーンショット 2016-08-18 12.22.57

図表-5 ポイントカードに対する不満

図表-4,5引用元

進化するポイントカードとその将来性 小本 恵照

【マル秘・資料プレゼント!】ポイントサービスの導入を検討している企業のご担当者様必見!長年DNP(大日本印刷)グループで培った経験を元に、弊社秘伝のポイントサービス導入に関する資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤ 

ポイントサービス導入で、お店や企業が得る効果とは

ポイントサービス導入で、お店や企業が得る効果は、投資対効果において分岐点に差し掛かっているといえるのではないでしょうか。ポイントサービスの顧客アンケートに「お客様満足度」の度合いに肩透かしとはいえないでも、期待外れの顧客の反応です。

売上アップはお店や企業に取って永遠の課題です。ですから、売上アップには、売上を「伸ばす」「増やす」その結果として客単価を上げ、購買頻度を増やす、は理想の経営の形です。最近では「LTV(Life Time Value)」を高める、つまり顧客一人あたりの生涯を通じた自社利用金額を増やす事に目標が置かれています。

ポイントサービスの導入目的として、①集客、②優良顧客化促進、③データ活用の3つがあります。

①「集客」=独自性ポイントサービスで顧客を増やす

独自性のあるポイントメリットを打ち出せれば、商品・サービスとは別の競合他社にない魅力が作れるためポイントメリットで顧客の集客が可能になります。

また、ポイントが自社でしか使えないため、半強制的にリピートを促すことができます。

②「優良顧客化促進」=客単価を上げる、購買頻度を増やす

ユーザー別にポイント付与量アップキャンペーンなど、自社のサービスの利用頻度に応じた施策を自社で自由に決めることができる仕組みにし、優良顧客に対して、手厚い優待を行うようにします。

③「データ活用」=顧客を増やす、客単価を上げる、購買頻度を増やす

システム構築などの技術管理や手間はかかりますが、自社のサービスに活かせるデータを顧客から集めることができます。

また、集めたデータをリアルタイムに自社のポイントサービスに活かすようにします。

【マル秘・資料プレゼント!】ポイントサービスの導入を検討している企業のご担当者様必見!長年DNP(大日本印刷)グループで培った経験を元に、弊社秘伝のポイントサービス導入に関する資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

※企業でお悩みの方、ポイントカードの仕組みやメリット、導入する際の注意点についてです。是非ご参考にしていただければ幸いです。

ポイントカードを導入して得られる効果・メリットとは!?

まとめ〜ポイントサービスを導入して得る効果とは

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「ポイントサービスを導入して得る効果とは」如何でしたでしょうか。

今やポイントサービスそのものは、当たり前で、ポイント付与による差別化には難しい側面にあります。顧客へのポイントサ-ビスによる訴求力向上を図るには、自由度の高いポイント制度でなければ導入の効果は薄いといわれています。

顧客は、いつの時代も飽きっぽく、わがままであり、究極的には自社の品質・品証でなければ真の差別化は困難です。それは自社が如何に最適化の先が読めるか、自社の力量の勝負です。

ポイントサービスの導入による効果を発揮するには、自社独自のポイントサービスの今後のあり方をどうするかが最重要課題です。

【マル秘・資料プレゼント!】ポイントサービスの導入を検討している企業のご担当者様必見!長年DNP(大日本印刷)グループで培った経験を元に、弊社秘伝のポイントサービス導入に関する資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

ポイントサービス導入をご検討の会社様は、弊社エムズコミュニケイトにご相談ください!

①国内唯一・取り組み実績(エムズコミュニケイト)

国内で唯一のポイントサービスに特化したマーケティングコンサル会社です。これまでのポイントサービスの導入実績は150社以上あり、通販、小売り、サービス、金融、鉄道・航空、ガス電力など幅広い業界においての支援実績があります。

②DNP(大日本印刷)グループによるワンストップ支援

弊社は大日本印刷グループの子会社です。そのためポイントサービスにまつわる業務全般をワンストップでお受けすることが可能です。ポイントサービス戦略設計、システム構築、個人情報管理、運用支援、プロモーション、カード発行、コールセンター、ポイント交換商品の発送管理など上流〜運用までを網羅的にサポート可能です。

③中立性を加味したシステムベンダー紹介

ポイントサービスのコンサルティング支援にあたり、ポイントシステムベンダーについては、中立性を重要視しております。貴社のニーズにあったベンダー紹介および、システムのカスタマイズ提案が可能です。

より詳細なご相談メリット等はこちら>

The following two tabs change content below.

エムズコミュニケイト 佐藤 信二

CRM・ポイントサービスの導入・改善コンサルタントとして100案件以上のプロジェクトをマネジメント。担当業界は、小売り・流通、金融、電力・ガス、IT、通販、通信キャリアなど幅広く網羅。生活者を対象としたポイントサービス感度調査を業界で初めて実施。アンケートリサーチを強みとしたロジックに基づくコンサルティングを強みとしている。

ABOUTこの記事をかいた人

CRM・ポイントサービスの導入・改善コンサルタントとして100案件以上のプロジェクトをマネジメント。担当業界は、小売り・流通、金融、電力・ガス、IT、通販、通信キャリアなど幅広く網羅。生活者を対象としたポイントサービス感度調査を業界で初めて実施。アンケートリサーチを強みとしたロジックに基づくコンサルティングを強みとしている。