ポイントサービス・CRMでお悩みの企業担当者様へ

【後編】ポイントサービスのシステム導入までのステップ

The following two tabs change content below.

エムズコミュニケイト岡田 祐子

代表取締役社長/ポイントマーケティングラボ所長/日本リテンション・マーケティング協会理事株式会社エムズコミュニケイト
■ 2003年に国内唯一のポイントサービスコンサルティング会社エムズコミュニケイトを設立、ポイントサービスやCRM・顧客戦略分野のコンサルティングや各種講演、執筆活動を行っている。 ■ 「ガイアの夜明け」にも出演。番組は反響を呼び、日経文庫にも掲載された。 生活者に支持されるポイントサービスを「ポイントブランド力」とし、そのランキングを定点的に発表。 ■ 著書:「成功するポイントサービス」(日経MJの推薦書/丸善ビジネス書10位内ランクイン) ■ 2016年から総務省マイナンバーカード利活用に係る「マイキープラットフォームによる地域活性化方策検討会」におけるポイントサービス有識者として地域経済応援ポイントに関する推進役を担っている。

こんにちは。CRM/ポイントサービスコンサルティングのエムズコミュニケイト(2018年4月より大日本印刷グループからMBO致しました)が運営するポイントマーケティングラボ所長の岡田佑子です。

こちらのサイト、ポイントマーケティングラボでは、企業・事業会社のマーケティング・販売促進の担当者・事業責任者の方々に向けて、ポイント制度の導入やCRMのノウハウについて、プロの視点から惜しみなく情報を発信して参ります。

是非ご参考にしていただければ幸いです。

前回の記事

に引き続き、ポイントサービスのシステム導入までのステップについてご紹介していきます。

目次

  • その1.サービス設計
  • その2.RFPの策定
  • その3.システムベンダーとのすり合わせ
  • その4.システム導入概算費用の確定
  • その5.システムベンダーの決定
  • まとめ

(目次太字の箇所を後編で解説します。)

 

その4.システム導入概算費用の確定

概算見積と最終見積の違いを知っておく

実現したいポイントサービスの概要だけ伝え、ざっくりとした予算感を聞いて返ってくる見積は「超概算(ちょうがいさん)」もしくは「概概算(がいがいさん)」と呼ばれます。

そこから、さらに要件をヒアリングし、RFPをまとめ、さらにFit&Gapによりすり合わせを行って出てくる見積りが「概算見積」と呼ばれるものです。この時点で、「超概算(もしくは概概算)」より120〜150%くらいの金額になっているかもしれません。

そして、さらにシステムベンダー決定後、要件定義を行い、企業側の追加要望などを盛り込み、出てきた「最終見積」は、「概算見積」の150〜200%くらいの金額になることを想定しておいたほうが無難です。もし、仮にシステム導入コストの予算を1,000万としているとしたら、予算を申請する段階では、2,000万くらいを計上しておくといいでしょう。

逆に言えば、システム導入予算というのは、さらに突っ込んでシステムベンダー側が稼働をかけて詳細を詰めてはじめて確定するものであり、事前にいくらですと提示できるものではないことを理解しておく必要があります。

 

Tips.社内システム改修費用

すでに社内システムを構築している中堅〜大企業になると、かなりの予算をかけて開発した基幹システムとの連携が必要になってくる場合があります。そうなると、その基幹システムとの接続だけで2,000〜4,000万の費用が発生することを見込んでおいたほうがいいかもしれません。

また、会員Webサイトのフロント/内部システムの改修、POSレジの改修などの費用も諸々かかってきますから、最終的なトータルコストとして1,000万くらいを想定しているなら、3,000〜5,000万。3,000万くらいを想定しているなら、8,000〜10,000万くらいまでを見越しておくのが無難です。

 

その5.システムベンダーの決定

開発リソースの有無や導入スケジュールも考慮にいれる

これまでいろいろなご相談をお受けしていると、ポイントシステムの導入に2〜3ヶ月くらいを考えていらっしゃる企業さまが多いのですが、中堅〜大企業の場合、ベンダー選定期間なども含めると早くて6〜8ヶ月くらいを想定しておく必要があります。また、社内システムの改修や複数の外部システムなどの連携がある場合には、1年以上前からの諸々の調整をかけていく必要があるようです。

そして、もちろんベンダー側にも開発リソースの確保が困難であるという理由から、希望した価格、希望するベンダーに依頼できないケースというのもあり得ます。実際に「**月以降からであれば対応可能です」という話をいただくことも少なくなく、その場合は当初予定していたスケジュールがそのぶんだけ遅延することになります。

ポイントシステムベンダーの決定にあたっては、その1〜その5までのトータルの観点から行うことが望ましいと考えています。

 

Tips.拡張性の検討

ポイントサービスを導入した企業は、効果的な施策を提供できているかどうかPDCAを通じてブラッシュアップしていくことになります。

その際、ポイントサービスと併せて「ポイント利用状況の分析ツール」や、「分析のためのデータマート」を追加で提供できるかどうかも視野にいれておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ポイントサービスの導入を成功させるには、経営企画部、システム部、経理部など社内横断的なプロジェクトの座組みが必要になってきます。

サービス設計支援だけでなく、ベンダー選定支援、システム導入支援といったエムズコミュニケイトが持つ経験やノウハウが貴社のポイントサービスの成功のお役にたてば幸いです。

前編はこちらからご覧ください。

【マル秘・資料プレゼント!】ガイアの夜明けにも出演した弊社社長直伝、CRM・ポイントマーケティングのノウハウ資料無料プレゼントはこちらから!➤

ポイントサービス導入をご検討の会社様は、弊社エムズコミュニケイトにご相談ください!

①国内唯一・取り組み実績(エムズコミュニケイト)

国内で唯一のポイントサービスに特化したマーケティングコンサル会社です。これまでのポイントサービスの導入実績は150社以上あり、通販、小売り、サービス、金融、鉄道・航空、ガス電力など幅広い業界においての支援実績があります。

②DNP(大日本印刷)グループによるワンストップ支援

弊社は大日本印刷グループの子会社です。そのためポイントサービスにまつわる業務全般をワンストップでお受けすることが可能です。ポイントサービス戦略設計、システム構築、個人情報管理、運用支援、プロモーション、カード発行、コールセンター、ポイント交換商品の発送管理など上流~運用までを網羅的にサポート可能です。

③中立性を加味したシステムベンダー紹介

ポイントサービスのコンサルティング支援にあたり、ポイントシステムベンダーについては、中立性を重要視しております。貴社のニーズにあったベンダー紹介および、システムのカスタマイズ提案が可能です。

より詳細なご相談メリット等はこちら>

ポイントサービス・CRMでお悩みの企業担当者様へ

ABOUTこの記事をかいた人

■ 2003年に国内唯一のポイントサービスコンサルティング会社エムズコミュニケイトを設立、ポイントサービスやCRM・顧客戦略分野のコンサルティングや各種講演、執筆活動を行っている。 ■ 「ガイアの夜明け」にも出演。番組は反響を呼び、日経文庫にも掲載された。 生活者に支持されるポイントサービスを「ポイントブランド力」とし、そのランキングを定点的に発表。 ■ 著書:「成功するポイントサービス」(日経MJの推薦書/丸善ビジネス書10位内ランクイン) ■ 2016年から総務省マイナンバーカード利活用に係る「マイキープラットフォームによる地域活性化方策検討会」におけるポイントサービス有識者として地域経済応援ポイントに関する推進役を担っている。