ポイントサービス・CRMでお悩みの企業担当者様へ

とても参考になる法人向けポイントサービスまとめ

The following two tabs change content below.

エムズコミュニケイト 佐藤 信二

CRM・ポイントサービスの導入・改善コンサルタントとして100案件以上のプロジェクトをマネジメント。担当業界は、小売り・流通、金融、電力・ガス、IT、通販、通信キャリアなど幅広く網羅。生活者を対象としたポイントサービス感度調査を業界で初めて実施。アンケートリサーチを強みとしたロジックに基づくコンサルティングを強みとしている。

こんにちは。CRM/ポイントサービスコンサルティングのエムズコミュニケイト(2018年4月に大日本印刷グループよりMBO致しました)が運営するポイントマーケティングラボ編集部です。

ポイントマーケティングラボでは、企業・事業会社のマーケティング・販売促進の担当者・事業責任者の方々に向けて、ポイント制度の導入やCRMのノウハウについて、プロの視点から惜しみなく情報を発信して参ります。是非ご参考にしていただければ幸いです。

本記事は法人向け(BtoB)ポイントサービスの事例について説明する記事の第二弾です。第一弾はこちらからご確認ください。

法人向けポイントサービスは、まだ開拓が進んでいないフロンティアで、たくさんのビジネスチャンスがあります。弊社が注目するBtoBポイントサービスの事例を3社紹介します。

【マル秘・資料プレゼント!】ガイアの夜明けにも出演した弊社社長直伝、CRM・ポイントマーケティングのノウハウ資料無料プレゼントはこちらから!➤

マイル+αが貰えるANA ProFlyers Bonus(APF)

個人向けの旅行やクレジットカードなどでマイルを貯めているという人はたくさん存在すると考えられます。そのようなマイルを貯めている法人向けにANAが提供しているのがANA ProFlyers Bonus(APF)です。

APFでは、法人会員が飛行機を使った出張の際に、ANAや対象航空会社を利用すると、個人でも貰える「マイル」だけではなく、「APFポイント」ももらえます。還元率は搭乗実績50,000円につき1APFポイントが発行されて、1APFポイントは1,000円分の価値があります。

溜まったAPFポイントは1ポイントからASKULのオフィス用品や空港のユナイテッド航空のラウンジ使用券に交換することができます。また、ANA独自のサービスとしてANAの接遇マナーやヒューマンエラー対策の研修プログラムのようなサービスも用意しています。

もちろん、法人向けシステムとして、出張者の搭乗実績を確認しコスト管理が可能になるように専用の出張確認システムも用意しています。

【マル秘・資料プレゼント!】ガイアの夜明けにも出演した弊社社長直伝、CRM・ポイントマーケティングのノウハウ資料無料プレゼントはこちらから!➤

オフィスサービスに力を入れるKDDI の「まとめてオフィスポイントサービス」

大手携帯電話各社は他社との差別化を図るために、さまざまな事業展開を行っていますがKDDIでは法人向けサービスとして中小企業のオフィス環境改善、業務効率化、コスト削減提案などのビジネス支援サービス「KDDIまとめてオフィス」を提供しています。

そのサービスの一つがポイントサービスです。KDDIの携帯電話サービスやデータサービス、ネットワークサービスなどを利用して「KDDIまとめてオフィス」で請求書をまとめて支払うと1,000円ごとに20ポイント、ポイントが進呈されます。

ポイントはKDDIからAO機器を購入する際にも使用できますし、オフィス用品の通販のカウネットでも使用することができます。またauポイントのように携帯電話の購入代金や修理代金に使用することも可能です。

電話料金などは毎月固定でかかってきますし、営業社員にスマホやタブレット、無線LANなどを支給していると、その費用は意外と馬鹿にできません。その固定がかかる費用でお得にポイントを貯めて、必要なものを購入できるのはメリットのある提案だと言えます。

【マル秘・資料プレゼント!】ガイアの夜明けにも出演した弊社社長直伝、CRM・ポイントマーケティングのノウハウ資料無料プレゼントはこちらから!➤

永久不滅ポイント”を付与するセゾンカードとUC 法人向けカード

中小企業の中には出張費の精算や公共料金の支払いをクレジットカード払いにしている企業も多いと考えられます。確かにクレジットカード払いは便利ですが、色々な会社がクレジットカードサービスを提供しているので差別化を図らなければ、ユーザーを集めることができません。

そこで“永久不滅ポイント”というサービスで差別化を図っているのが、セゾンカードやUC法人向けカードを発行しているクレディセゾンです。

永久不滅ポイントとはそのままの意味で、ポイントが消滅しないということです。通常のクレジットカードはポイントが1年なり、2年で有効期限が切れてしまいますが、両カードの場合、ポイントは使用しない限り減りません。

ポイントはガソリンプリカなど、事業で比較的使いやすい商品券に交換することも可能ですし、オフィス用品に交換することも可能です。

法人向けのカードの場合、個人のお金が関係しないのでついポイントをそのまま放置して、有効期限が切れてしまいがちですが、セゾン、UC法人向けカードなら心配ありません。

もちろん、各種国税にも使用できて、会計処理効率化ツールが付属しているなど、法人向けのクレジットカードサービスとしてもかゆい所に手が届く仕様になっています。

【マル秘・資料プレゼント!】ガイアの夜明けにも出演した弊社社長直伝、CRM・ポイントマーケティングのノウハウ資料無料プレゼントはこちらから!➤

まとめ

このように、法人向けのポイントサービスは徐々に広がりを見せています。法人向けのポイントサービスは仕事で必要な移動や物を決済をし、貯まった法人向けのポイントで他の物を買えるメリットのある提案であると言えます。

【マル秘・資料プレゼント!】ガイアの夜明けにも出演した弊社社長直伝、CRM・ポイントマーケティングのノウハウ資料無料プレゼントはこちらから!➤

BtoB向けポイントサービスの導入をご検討の会社様は、弊社エムズコミュニケイトにご相談ください!

①顧客の離反防止・囲い込みを得意とするマーケティングコンサル企業です。

顧客の新規獲得、ではなくこれまでの既存顧客をいかに守り、継続してもらうことを目的として弊社ではポイントサービスの活用をご提案しています。これまで150社以上の導入・改善実績があります。

②弊社アライアンス企業によるワンストップ支援

顧客のリピート・囲い込みについては、関係を構築していくための仕組み・システムが必要です。弊社は大日本印刷グループのコンサルティング会社であるため、システム開発、個人情報管理、運用支援、プロモーション、カードなどのデバイス開発、コールセンターなど必要な業務をワンストップで対応も可能です。

③中立性を加味したシステムベンダー紹介

ポイントサービスのコンサルティング支援にあたり、システムベンダーについては、中立性を重要視しております。貴社のニーズにあったベンダー紹介および、システムのカスタマイズ提案が可能です。より詳細なご相談メリット等はこちら>

ポイントサービス・CRMでお悩みの企業担当者様へ

ABOUTこの記事をかいた人

CRM・ポイントサービスの導入・改善コンサルタントとして100案件以上のプロジェクトをマネジメント。担当業界は、小売り・流通、金融、電力・ガス、IT、通販、通信キャリアなど幅広く網羅。生活者を対象としたポイントサービス感度調査を業界で初めて実施。アンケートリサーチを強みとしたロジックに基づくコンサルティングを強みとしている。