CRM(カスタマーリレーションマネジメント) リテンション

ホテルや旅館の顧客管理おすすめします!!

2016/12/27

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

こんにちは。CRM/ポイントサービスコンサルティングのエムズコミュニケイト(大日本印刷グループ)が運営するポイントマーケティングラボ編集部です。

こちらのサイト、ポイントマーケティングラボでは、企業・事業会社のマーケティング・販売促進の担当者・事業責任者の方々に向けて、ポイント制度の導入やCRMのノウハウについて、プロの視点から惜しみなく情報を発信して参ります。

是非ご参考にしていただければ幸いです。

このご時世顧客一人一人を大切にしない限り、上手くいくことは困難を極めると思います。そんな中顧客管理の方法や施策案などを模索している企業担当者様は、多くいるのではないでしょうか?

今回は、ホテルや旅館業で成果を出し、顧客から高い評価を受けている例などを見ていきたいと思います。

業界の異なる担当者様でも非常にご参考になりうるのが、ホテルや旅館の顧客管理なので、是非考えて見ましょう。

【マル秘・資料プレゼント!】CRMの導入を検討されている企業のご担当者様必見!弊社秘伝のCRM・ポイントシステム導入ノウハウ資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

顧客管理をどのようにして、ホテルや旅館業に用いるか?

ems%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e6%97%85%e9%a4%a81

言わずとしれた顧客管理は様々な業界で、用いられています。顧客向けのビジネスを営んでいるのであれば、それは必須とも言えるでしょう。

特に、顧客とダイレクトに接する機会の多い、ホテルや旅館などにおける顧客管理は非常に重要な要素になります。決して安くない金額を顧客は企業に支払うのですから、一度失望されてしまえば、戻ってくるには非常に難しい状況になりうるでしょう。その反面、顧客を魅了できれば、何度でも訪れてくれる可能性はあるでしょう。それだけ、ひとりひとりの顧客に対する対応が重要なのはこの業界の大きな特徴かもしれません。
この業界では有名な「星野リゾート」では徹底した顧客管理と、その管理から導きだされた手法でひとりひとりの顧客と向き合っているようです。実際、どんなことを実践されているのでしょうか?いくつか例を挙げてみたいと思います。

1.顧客満足度調査に全力をそそぐ

データをもとに、従業員全員が顧客と向き合うのが、いわゆるカスタマーセントリック(顧客中心主義)の究極かもしれません。星野リゾートは、20年以上も前の1994年から顧客満足度調査を実施し、顧客の声を定量的に把握しているようです。またその手法も進化しています。以前は紙の用紙による実施であったのですが、最近はURL記載の紙を配布し、帰宅後に回答できるように顧客の時間を取らせないように声を拾うようにしているようです。

さて、この顧客満足度は、顧客からの不満点を聞き出すという名目ではないところが、また意外で面白い点かもしれません。というのも、星野リゾートではこの満足度の調査は「成績表」ではなく、日常業務を改善するための「健康診断」としているというのです。

一般的には、顧客満足度を調査し、そこから課題を導きだすことによって何かしらの打開策が打てると考えるでしょう。顧客満足度が上がればリピート化が進み売上が向上し、それによって、値引き等の販促費も抑えられるため、利益も上がるというようなシナリオでしょう。

それに対して星野リゾートの場合は少し趣向が違っています。ような「現時点で顧客にどのくらい満足してもらえているか」というのを測るのに使用しているとのことなのです。

全体のうちある割合の質問が、一定のポイントを維持しないと「利益」にも「リピーター」にもつながらないことが分かっているそうです。また、ある質問内で、顧客が「不満なし」という評価であれば「利益」や「リピーター」にさほど影響が出ないということも分かっているのです。

このように、日ごろのサービスが顧客にどう受け取られてもらえているかという『デイリーチェック』という役割を果たしているのは重要なポイントでしょう。

2.従業員の業務はマルチタスク化

顧客管理という観点では、この論点は少しズレてしまうかもしれませんが、これは「顧客ニーズにどのように応えているか」という観点において重要な要素ですので、あえて挙げています。

どういうことかというと、顧客管理をして素晴らしいアンケートで、いろいろな顧客の声を聞くことができても、それが実際に企業の何らかの活動に活かされなければ何の意味もありません。もっと言えば、従業員がその結果を元に、何かの行動ができなければ意味がないとも言えます。

星野リゾートの場合、スタッフをマルチタスク化しています。その名前の通りで、1人のスタッフが特定の業務のみを担当するのではなく、複数の業務を担当することを意味しています。同じスタッフが1日のなかで、調理・配膳や受付、客室清掃など、宿泊全体のさまざまな顧客との接点においてあらゆる仕事を担っています。このように複数の役割を担うことで、「それは自分の仕事ではない」といった意識問題を回避することができます。

誰もが、「これは自分の仕事ではない。他のスタッフがやるべき業務だ」という言い訳は出来ないということなのです。どの仕事にも当事者意識を持ち、アンケートなどから得られた顧客の声に「自分が応えていく」という意識状態に持っていくのが狙いと思われます。

企業規模が大きい企業にとって、課題に気づいても改善されずに放置されたままになりがちですが、それを回避し、顧客への還元を「全員」で出来るようにしているのです。

【マル秘・資料プレゼント!】CRMの導入を検討されている企業のご担当者様必見!弊社秘伝のCRM・ポイントシステム導入ノウハウ資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

ホテルや旅館で満足して貰う顧客管理の方法とは?

ems%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e6%97%85%e9%a4%a82

ホテルや旅館でも、顧客に満足してもらってリピートしてもらうことが非常に重要です。そのために、いわゆる『顧客の囲い込み』は必要になってくるでしょう。実践されている顧客管理の手法についてまとめてみたいと思います。

【パーソナライズされた「ひとりひとり」への施策でおもてなし】

あらゆるホテルや旅館では、趣向を凝らし顧客の満足を得ようと画策していますが、世界規模でホテル・チェーンを展開するザ・リッツ・カールトンの場合はどうでしょうか?言わずと知れた、ホスピタリティの高い接客で有名なホテルですね。

それもそのはず、接客から知り得たお客様の情報を漏らさずメモし、従業員が情報を共有するよう徹底されているからです。こういった細かな顧客情報管理は、あらゆる感動をもたらします。その顧客がリピートしてくれた際には、好きな食事メニューやアルコールだけでなく、新聞や枕の好みまで応えてくれます。それだけ、「ひとりひとりの顧客」を大事にしているのがわかります。

また、上記で例に挙げた星野リゾートも例外ではありません。既に説明したように、顧客の声には真摯に耳を傾けています。たとえば、「部屋のCDを増やして欲しい」といった要望があれば個々に検討しているそうです。年間の国内旅行のうちに星野リゾートを利用する消費者が増えてくればいいと思い、そういった声を大切にしているのです。
また、老舗温泉旅館でもこういった顧客情報は一元管理され、スタッフ間の共有はしっかりとされています。神奈川県秦野市の「元湯陣屋」は、囲碁や将棋の対局でもよく知られる旅館です。

同館では、顧客情報を一元化・共有化することにより、顧客の満足度を高めるのに役立てています。リピーター顧客の利用履歴や、前回宿泊時の情報を元に万全の体制で準備することが可能です。
予約している顧客の個々の情報がを把握することによって、好きな食べ物・苦手なものさえも共有されます。このようにひとりひとりへの細かいサービスができるようになっているようですね。

【マル秘・資料プレゼント!】CRMの導入を検討されている企業のご担当者様必見!弊社秘伝のCRM・ポイントシステム導入ノウハウ資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

ホテルや旅館業の顧客管理におすすめのソフト、システムは?

ems%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e6%97%85%e9%a4%a83

顧客管理を行う上で、色々なソフトが世に出回っていますが、こういった業界でおすすめのソフトはあるのでしょうか?今回は、こちらで一例を挙げてみたいと思います。

【満室御礼】

「満員御礼」は、ホテルや旅館業界の顧客管理システムとしておすすめです。予約管理、フロント業務、顧客管理、経営情報管理までもが全て可能となっています。「スマートコンシェルジュ」というお部屋の方にタブレット端末を設置することによって、一部屋一部屋にコンシェルジュがいるかのように、対応が可能となるため、顧客の満足度を高めるのにも非常に良いシステムとなっています。

また顧客管理のシステムで一番気になるところであるお値段の方も、他のCRMシステム同様にクラウド型とオンプレミス型の2つから選べるので、なるべくコストを掛けずに顧客管理を導入したいとお考えの方には、クラウド型を検討してみるのも良いかもしれません。

この「満員御礼」と「スマートコンシェルジュ」別々に導入することも可能なので、まずはどちらか片方からなども出来るのは良いですね。

【Conseil】

この業界に特化したソフトとも言えるでしょう。このソフトの中の「顧客管理」の部分は非常に業界のニーズに合わせて作られているでしょう。顧客の予約の段階から、フロント会計の部分までシームレスに一元管理できるのが魅力です。すでに挙げているいくつかのホテル・旅館でも、顧客情報の一元管理・共有が徹底されていたので、それが実現できるソフトの一つともいえるでしょう。

顧客管理では以下のような機能が提供されています。

  • お客様情報管理
  • 利用・送客・支払実績管理
  • 利用実績照会機能
  • 問合せ記録機能
  • 複数電話番号登録
  • 利用実績抽出機能
  • 細かな情報管理

※中でも、特徴的なのは顧客情報の管理方法でしょう。このソフトでは、個人顧客と法人顧客を別々に保持すると同時に、1個人にその情報を紐付けることが可能です。つまり、プライベートで利用したときも法人として利用したときもきちんと履歴が一括管理され、一人の顧客の情報として把握できるところです。また、一般的には宿泊者代表のみの顧客管理がほとんどのホテルでされています。しかし、同伴者の情報も保持することができるので、より『個人』にフォーカスして一括管理できる特徴があります。

【Salesforce】

言わずと知れたCRMシステムの大手です。先ほど挙げた、「元湯陣屋」もこのソフトを利用しているようです。このソフトは多機能なのを特徴としていて、あらゆる企業のニーズに応えることができるのが人気の理由ともいえるでしょう。しかし同時に、目的やコンセプトを持たなければ、その機能に埋もれてしまう可能性もあります。

では、実際に「元湯陣屋」はどのような導入方法をとって、顧客管理を成功させているのでしょうか?

もともと老舗旅館ゆえ、顧客管理は紙やホワイトボードでされていたようです。近年のインターネットでの予約状況はリアルタイムに変動し、そういった変動に十分に対応できず、伝達漏れや予約の重複など、課題が山積みだったようです。

そこで、旅館運営の機能をすべて、Salesforceに載せて一括管理を始めたようです。予約サイトとも連動させることで、予約状況のリアルタイム把握も十分に可能になったそうです。

またこういった一括管理だけが全てではありません。近年のソーシャルメディア利用の多様化に伴って、SNS利用者の声も顧客情報として管理することをはじめました。例えば、Facebookなどでコメントを取り込んだり、宿泊者の口コミなどがあれば、それも即座に顧客情報と紐付けているのです。そうしたことで、より細かな顧客ニーズや好みの把握が可能になっているようです。

【陣屋コネクト】

「元湯陣屋」の4代目社長を務める宮崎富夫氏が自身の経験から自社で開発をした「陣屋コネクト」という顧客管理システムです。宮崎氏が就任するまでの旅館体制に変化をもたらすために開発されたこのシステムは現在多くの旅客やホテルでも導入がされています。

予約情報、顧客情報、売上管理からスタッフの勤怠管理まで全てを一元管理可能となります。またこちらのシステムはクラウド型を採用しているので、費用も安く月々¥3,500〜からの運用となっています(※初期費用別途)。

やはり自らが旅館を経営していた経験からどのような情報が必要で、何を最適化し、無駄を省いたら良いかをわかっているため現在では他の多くの旅館やホテルで導入が進められています。

【マル秘・資料プレゼント!】CRMの導入を検討されている企業のご担当者様必見!弊社秘伝のCRM・ポイントシステム導入ノウハウ資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

まとめ〜ホテルや旅館の顧客管理おすすめします!!

「もっとうちのホテルや旅館を利用してほしい」と、どの業界関係者も考えていることでしょう。そのためには、総じて徹底した顧客管理を一括すること、それを共有化することが一つの道であることがお分かりいただけたと思います。

年々消費者の目は厳しくなってきて、それはこの業界でも同じことでしょう。どれだけひとりひとりにきめ細やかなサービスが提供できるかが、顧客満足度に繋がってくるのですが、それを実現するための効率的なシステムは非常に有用です。

【マル秘・資料プレゼント!】CRMの導入を検討されている企業のご担当者様必見!弊社秘伝のCRM・ポイントシステム導入ノウハウ資料を無料プレゼント!(資料ダウンロードはこちらから)➤

CRM施策の導入をご検討の会社様は、弊社エムズコミュニケイトにご相談ください!

①顧客の離反防止・囲い込みを得意とするマーケティングコンサル企業です。

顧客の新規獲得、ではなくこれまでの既存顧客をいかに守り、継続してもらうことを目的として弊社ではポイントサービスの活用をご提案しています。これまで150社以上の導入・改善実績があります。

②DNPグループによるワンストップ支援

顧客のリピート・囲い込みについては、関係を構築していくための仕組み・システムが必要です。弊社は大日本印刷グループのコンサルティング会社であるため、システム開発、個人情報管理、運用支援、プロモーション、カードなどのデバイス開発、コールセンターなど必要な業務をワンストップで対応も可能です。

③中立性を加味したシステムベンダー紹介

ポイントサービスのコンサルティング支援にあたり、システムベンダーについては、中立性を重要視しております。貴社のニーズにあったベンダー紹介および、システムのカスタマイズ提案が可能です。

より詳細なご相談メリット等はこちら>

The following two tabs change content below.

エムズコミュニケイト 佐藤 信二

CRM・ポイントサービスの導入・改善コンサルタントとして100案件以上のプロジェクトをマネジメント。担当業界は、小売り・流通、金融、電力・ガス、IT、通販、通信キャリアなど幅広く網羅。生活者を対象としたポイントサービス感度調査を業界で初めて実施。アンケートリサーチを強みとしたロジックに基づくコンサルティングを強みとしている。

資料ダウンロードはこちらから

資料ダウンロードはこちらから

ダウンロード

-CRM(カスタマーリレーションマネジメント), リテンション